MENU

精がつく意味を正しく知って、健康に役立てよう

精がつくについて

 

体力がない、疲れやすいという時には、うなぎなど、
精がつく食べ物を食べるのが良いと聞きますよね。

 

でも、そもそも、精がつくとは、どういった意味で使われる
のでしょうか?

 

「たっぷり食べて、精をつけなさい!」などという言葉、
何気に一般的に使われますが、具体的にどういった意味があるの
でしょうか?

 

精がつくという言葉の意味を正しく知っていれば、
どんな時に精をつける必要があるのか?

 

どういう状態の人が精をつける必要があるのか?
知ることができます。

 

そこで、ここでは、精がつくという意味について、
具体的に調べてまとめています。

 

最近疲れやすい、スタミナがない、性的機能が衰えてきた
と感じられている方も、ぜひご覧いただき、参考にされて下さい。

 

精がつくという言葉の意味は実は二つある?

 

精がつくについて

 

精がつくという言葉は、普通によく使われますが、
正確な意味を知って使っている人は少ないかもしれません。

 

精がつくという意味には、実は、二つあるんです。

 

国語辞典的な意味と、一般的につまり俗に言う
意味の二つあります。

 

では、実際、それぞれ、どういった意味があるのでしょうか?

 

国語辞典的な意味での、精がつくとは?

 

まず、国語辞典的な精がつくの意味について見ていきましょう。

 

国語辞典で、精がつくという言葉を調べると、
意外かもしれませんが、性的な活力という事だけではないんです。

 

体と心のエネルギーにも関係してくるようです。

 

また、魂といった意味合いもあるので、
心のエネルギーとも関係してくるんですね。

 

精力というと、男性の機能だけをイメージしがちですが、
主に、活力が増す、体と心の元気が出るということが、
国語辞典に載っている、精がつくという意味
になるんです。

 

 

俗にいう精がつくという意味

 

国語辞典では、精がつくとは、体と心の元気のこと
を意味しますが、俗に言う精がつくとは、そうした意味あい
よりも、男性としての性的機能をアップするという意味で
使われることが多い
ようです。

 

国語辞典での意味での体と心の元気を高めるという
ことは、性的機能を高めることの一部になるので、
それも決して間違ってはいません。

 

心身的に元気がないと、夜の元気も伴いませんよね。

 

俗に言う精がつくとは、夜の元気がつくという意味が
含まれます。

 

なので、精をつけるとは、勃起不全や精子の減少を防止する
ということで、男性の性的トラブルを改善してくれるものに
なります。