MENU

スタミナアップにも夏バテ対策にも精がつく食べ物を食べよう!

精がつくについて

 

男性は、性的機能の低下で悩まされている方も
意外と多いようです。

 

体がきついと、夜の元気も出ませんよね…。

 

そんな夜の営みが少なくなってしまうと、夫婦関係も
良好に保てなくなってしまうかもしれません。

 

精力減退は対策できるの?

 

精がつくについて

 

体がきつい、夜の元気が出ないといった症状を、
精力減退と呼びます。

 

精力減退は、もう年だから仕方がないと思われている方も
非常に多いのですが、実際、その他にも色々と考えられる
原因はあるので、生活習慣を工夫したり、対策をしていく
ことで、症状の予防、改善もできるのです。

 

精力を高めるには、まずは、精がつく食べ物を
食べるのが良いと言われています。

 

では、どういった食べ物が精をつけるのに効果的
なのでしょうか?

 

体と心の元気は、毎日体に取り入れる食べ物の影響を
大きく受けていると言っても、過言ではないでしょう。

 

何だか体が疲れやすいという方から、夜の元気を
高めたいという方まで、ぜひご覧いただき、参考にされて下さい。

 

精がつく食べ物は?

 

うなぎ

 

精がつくについて

 

精がつく食べ物と言えば、多くの方が「うなぎ」だと
言われるでしょう。

 

うなぎは、夏になると土用の丑の日と言われ、
うな重を食べるという方も多いですよね。

 

実際、うなぎは、精がつくとして効果があると
認められている
証です。

 

7月、8月と、暑さがひどい時期には、毎日汗をかいて、
夜は寝苦しく、睡眠を十分とれないなど、体力を消耗
しがちです。

 

それに、食欲も落ちて、夏バテする方も多いですよね。

 

そんな時期、精がつく食べ物としてうなぎを食べて、
精をつけよう!という習わしです。

 

うなぎには、亜鉛をはじめ、ビタミンやEPAなど、健康に
良い成分がたっぷり含まれています。

 

亜鉛は、疲労回復に効果的で、ビタミンには、体の調子を
整え、抗酸化作用からアンチエイジング効果も
あります。

 

そういう訳で、うなぎは、精がつく食材として、
昔から有名なんですね。

 

でも、うなぎが精力に効く食べ物だからと言って、毎日
うなぎばかり食べても、精力減退を改善できるとは
言えません。

 

バランスを考えた食習慣の中で、少しずつ取り入れて、
精をつけることが大切なんです。

 

ニンニク

 

精がつくについて

 

ニンニクもまた、精力を上げる食べ物として有名で、
スタミナを高めてくれます。

 

臭いが強いので、あまり頻繁には食べれないという
方も多いかもしれません。

 

でも、ニンニクには、疲労回復効果に優れるので、
精がつく食品として非常にお勧めです。